ヒロミと天のストーリー

このサイトでは、OLのヒロミと幽霊猫の天(てん)の会話で話が進んでいきます。

2人は一体何者?と思う方もいると思いますので、ここではプロローグともいえる出会いのストーリをご紹介します!


数年前からOLとして働き始めたヒロミは、責任ある仕事も任され多忙な生活を送っている。

仕事の帰りは遅く、帰宅してから一度座ると、食事にもお風呂やにもなかなか動けないのであった。

ヒロミ
ヒロミ

やっと帰れたけど、スーパーが閉まってて何も食べるものがない…まぁ、眠いし食べなくても良いか…

幽霊猫・天
幽霊猫・天

ヒロミ、遅くまでお仕事お疲れさまにゃ…こんなに疲れて可哀想に…

ヒロミ
ヒロミ

ありがとう、高校の時死んじゃったペットの天ちゃん…。あぁ、ついにお迎えが来たかぁ

幽霊猫・天
幽霊猫・天

んにゃ!天は死神じゃないにゃ!ヒロミが心配で天界から降りてきたんにゃ

ヒロミ
ヒロミ

え、お迎えでも夢でもないの!?

幽霊猫・天
幽霊猫・天

もちろんにゃ!ヒロミをずっと見守っていたんにゃよ。いつも頑張ってて偉いにゃ!

幽霊猫・天
幽霊猫・天

でもこんなに頑張ってご飯も食べない生活じゃ、本当に死んじゃうにゃ…それはダメにゃよ

ヒロミ
ヒロミ

あ、仕事を押し付ける先輩を呪い殺してくれるってこと?やったー!

幽霊猫・天
幽霊猫・天

天は怨霊でもないのにゃ…幽霊もドン引きの発想だにゃ

ヒロミ
ヒロミ

やだな~、冗談だよ!久々に天に会えて嬉しい!生きてた時も優しい子だったけど、ずっと心配してくれていたんだね…
(喋ってる事に突っ込む元気まではねぇわ)

幽霊猫・天
幽霊猫・天

ヒロミは昔から心配かける子にゃ!せっかく獲って来てあげてたネズミや鳥も食べずに捨てちゃうし!

ヒロミ
ヒロミ

それは…人間にはレベル高すぎなのよ

幽霊猫・天
幽霊猫・天

ま、その辺は天界で色々勉強したから、これからヒロミの食生活を助ける知恵を授けていくにゃ!

ヒロミ
ヒロミ

え、何それ!?

幽霊猫・天
幽霊猫・天

にゃふふ…ヒロミみたいな忙しい一人暮らしの人には、ズバリ宅食がぴったりなのにゃ!

ヒロミ
ヒロミ

え、一人暮らしに宅食?そんな発想なかった

幽霊猫・天
幽霊猫・天

そうだろうにゃ~。天が選び方やおすすめの宅食サービスを紹介するから、ヒロミにぴったりな宅食サービスを選ぶと良いのにゃ!

ヒロミ
ヒロミ

わ~、ありがとう!ところで、今晩何か食べる物ってない?

幽霊猫・天
幽霊猫・天

天は幽霊だから、そういうのは無理!


こうして、限界OLヒロミの食生活を心配するあまり、天界から降りてきた「亡き飼い猫の天」が宅食サービスについて知恵を授けに来たのであった――――――

ぜひ、2人のやり取りも楽しみながら記事やサイトをご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました